得意な分野は必ずあるはず。しかし向き不向きも少なからずある。
スポンサーリンク★

私は20代の頃に食品製造をしていましたが、アミューズメント業に転職しました。食品製造というのは店舗でのパン作り、袋詰めやラベル貼り等が主で時折接客も交えます。これまで接客中心の仕事が多かった私は時間に追われる製造の仕事は未経験でなかなか馴染む事が出来ませんでした。しかしそれは経験値の低さや頑張りが足りない所為かと思いましたが半年経っても納得のいく作業が出来ず、更に数ヶ月頑張ってみましたが自信もなくなり頑張る事を前提としても向き不向きがあるのかもしれないと思い至り辞める事にしました。その後の転職先はアミューズメント業で主に家族連れや子供、お年寄りまで色々な方と接していました。仕事内容はお客様に楽しく遊んで頂く為にイベントを実施したりサービスをしたり接客中心です。
製造の仕事をする前も実はアミューズメントの仕事を数年経験がありましたので違う現場でも早めに慣れる事が出来ました。
私の性格は口下手で落ち着いた性格です。接客業はお客様によっては嫌な思いをする事もありますがコミュニケーションが得意でない私でも常連様と楽しく会話が出来たり長く続ける事が出来ました。

労働時間15時間のところから労働時間8時間のところへ転職した結果

元々私は飲食店(居酒屋)で正社員として働いていました。その居酒屋はラストオーダーで店を区切るのでは無く、お客さんが完全に帰ったら店も同時に閉めるといった何とも変わったスタイルの居酒屋でした。営業時間の設定は一応、18時から7時までです。ですが帰るのが昼を回ることもあり、平均睡眠時間が3〜4時間ほどで週6勤なので体力的にキツくて転職を考え、出勤時間と退勤時間が明確で残業なしのところを探しました。そこで見つかったのがコールセンターの仕事です。
オフィスワークなので座りっぱなしというところが気になりましたが働かないと生きていけないので急いで面接し受かりました。最初は驚くほど楽で退屈で時間が過ぎるのが遅いのです。そしてマニュアルバリバリの対応が延々と続き自分がまるでロボットになったかのようい錯覚してしまいました。勤務時間に関してはパーフェクトなくらいにぴったり退勤させていただけるので助かっていますが、どこも大変さは同じなんですね。睡眠時間が前の就職先よりも長くとれるので助かっています。
ですが1日に必ず2件はクレーム対応ですのでこちらも大変です。んー、何とも言えないですが転職してよかったと思います。

会話のない仕事中から会話のある仕事へ。会話がリズムになり充電しながら働くスタイルへ。

毎日怒られ続け、毎日使いっ走りにされ、毎日重たい物持って、毎日謝っての日々が続いた造園業。親方と話せば何かの件で怒られぐちぐちと言われ精神的にも体力的にも参っていました。朝は5時に起きて親方の倉庫へ6時に集合し準備して夕方18時に現場が終わり倉庫へ戻って片付けて家に着くと20時になり、お風呂やご飯で結局21時になっていました。
そんな毎日が苦痛で週に一回の休みは寝て過ごしてしまい若いのに遊ぶ体力もなくなってしまっていました。
出会いも年齢層の高い人ばかりで笑いのセンスもつまらなかったのを思い出します。もっと若い人たちと働きたく思い転職を考えます。現場系ばかりでしたので何をいたらいいのか迷いましたが何となく楽しそうに写っていた飲食店の居酒屋に転職することになりました。従業員も社長もみんな若く、お客さんも楽しんでいて、働いていて元気をもらいます。
初めてのことばかりで困惑していましたが若い人たちの教育はどこか大らかで失敗すれば賄いになったりとプレッシャーを感じず働けていて従業員同士の会話も友達感覚で楽しんでいます。以前の就職先では考えられないほど仕事中に会話があり、歳も近いので弾みそれがリズムになり盛り上がりながら働けています。

転職を決意しましたが、資格を取得した事で再就職に有利になりました。

大学を卒業後に企業に就職をしたのですが、希望の職種ではありませんでしたので僅か2年程で退社をしてしまいました。
その後、再就職先が見つからずにアルバイトで生計を立てていましたが、周りからの仕事に対するプレッシャーを受けてしまい、とりあえず飛び込んだのが飲食業界でした。レストランチェーンのマネージャーの仕事でしたが、
前職を辞めたことを後悔するほど肌に合う仕事ではありませんでした。
辞めてしまっては後の保証もありませんので、仕事として割り切っていたのですが、もう一度だけ再出発をしようと決断をする事に致しました。30歳を越えた時に電気工事士の資格を取り、再就職に向けて活動を始めることにしたのです。
取得をした資格を武器に企業の面接を受ける事になりましたが、3社目で無事に就職先を見つけて現在に至っております。
ビルなどの電気設備の点検が主な作業になりますが、電気は特殊な部門になりますので集中力が求められます。
一歩間違えば事故に繋がりますし人命にも関わりますので、日々初心を忘れ無い様に集中する事が大事です。
企業は専門の知識を持った人材を高く評価する傾向にありますし、即戦力として企業に尽くしてくれる人を求めているのです。資格を得るには努力が必要なのですが、苦労して取得をした資格の重みも理解をされるのです。
30代、40代と歳を重ねる毎に再就職は狭き門になって行くのが現実なのですが、資格を持っているだけで優遇をされる事がありますので、何か一つでも資格を持っていると道が開け易いと思います。