医療系を考えている人へ、人気の医療事務とはどんなものなのか?
スポンサーリンク★

私は現在透析施設のある病院の医療事務の正社員として働いています。私が今の職に就いたのは母がきっかけでした。母も医療事務として働いています。保険完備、休みはしっかりしており、ボーナスありというしっかりした所に惹かれました。私自身医療事務の資格は持っていません。今の職場の求人広告を見た時、資格必要なし、パソコンなど経験なくても優しく教えます。という文章に惹かれ、応募しました。人数が少なかった事もあり即決してもらえました。私自身事務としては初めてです。パソコンも入職前はエクセルやワードすら使用した事ほぼありませんでした。うちのクリニックは他と異なり同じ患者さんが来ます。透析は同じ患者さんが週に3回しなければいけないものなので、自然に顔が覚えられます。仕事内容は患者さんのお世話、レセプト業務、主に雑用です。この雑用は先生や看護師さん達から依頼される事も多く、こちらが忙しい時でも普通に言われます。私も含め慣れてないメンバーが多いので、それぞれが頼る事になります。基本的にジムはチームプレイで行う為、伝達ミスをしてしまうと他の部署にも多大な迷惑がかかるので気が抜けません。

工場勤務を辞めて、スキルアップと給料アップのために未経験の営業職へ転職しました

私は以前、大手印刷工場に勤務しておりました。そこでは主に食品や日用品のパッケージのデザイン印刷をしており、決められた作業書に従って毎日機械を動かし続ける非常に単調な日々でした。そこでもっと会社の売上や自身の給料に直結した職業をやってみたい、自分の頑張りで給料を上げてやりたいと感じ、未経験の営業職へ転職いたしました。そこでは個人宅へのアポ無し、飛び込み営業からインターネット回線サービスの契約を獲得する業務を行っておりましたが、当初は全てが上手くいきませんでした。契約を取らないとという焦りに反して全然上手くならないトークスキル。やっぱり自分は人と直接接する仕事には向かないんじゃないだろうか、そんなことばかりを最初の3ヶ月程は考えていました。しかし徐々にトークの幅も広がり、お客様からわざわざお電話でお礼の言葉をいただくなどプラスの循環も広がっていきました。そして入社5ヶ月目には目標達成によるインセンティブも獲得することができ、やはり新しいことを始める時には最初から上手くやってやろうと構えるのではなく、むしろ1つでも多くの失敗をしてやろうというくらいの気持ちでいる方が、その後には繋がりやすいのだなと感じました。

私が大手通信会社を辞めて、地元のお菓子会社への転職を決めた理由

日本中の人が知っているような大手通信会社に新卒で入社して約10年間働いていました。主に営業系の仕事に就いていました。驚くほどのに多額な給与を貰っているというようなことはありませんでしたが、地元の他の会社に比べるとかなり恵まれた額を貰っていたと思います。給与以外にも福利厚生がしっかりしていたり、休みが取りやすかったりと、職場環境だけをみると申し分のない会社でした。しかし働きだして10年が過ぎた頃、転職を決意することになりました。大手通信会社は待遇は申し分なかったのですが、自分が取り組んでいる仕事に対しての実感がありませんでした。通信という目に見えないサービスを売る組織のごくごく一旦を任せれていたのですから、やむを得ないことなのでしょう。それでも当時アラサーで若かった自分は、もっと仕事に対しての実感、手応えのようなものを求めていました。転職した先は、地元の中小のお菓子会社です。営業職として入社しました。そこではお菓子が作られている工場がすぐ隣にあり、自分が売ろうとしている商品がどのようなものなのかがよくわかりました。そして、自分が商品を売る先が誰で、その商品を手に取った人がどんな思いで食べるのかをはっきりと実感することができました。
その実感を求めて自分は転職をしたのだと思います。

転職を繰り返したなかには、無駄だと感じた時間もあった気がする

英語教室に英語講師として勤務していましたが、待遇が悪く、給与も悪く、職場の雰囲気も悪かったため1年で辞めました。その後は中学校に英語の非常勤講師として勤めました。学校は待遇が良く、給与も良く、職場の雰囲気もとても良かったので、英語教室とは雲泥の差でした。その後は、小中学校に臨時講師として勤務しましたが、家業(寺院)を継ぐため退職し、寺院の業務に専念しました。寺院勤務は葬儀があれば24時間体制で対応しなければならないのできつく、檀家対応なども難しく、神経をすりへらすことばかりで大変でした。転職を何回か繰り返しましたが、はじめから自分の希望する職種をもう少し考えておけばよかったと思いました。経験したなかでは教師が一番良かったので、はじめからその職業に就き、正規職員になり続けておけばよかったです。今は専業主婦なので、それはそれでいいのですが、転職するたびに新しい知識が必要だったので、若干無駄な時間を過ごしたかなと思いました。寺院などは向いていなかったため、苦痛な時間を過ごしてしまいました。何が自分に合っているかを見極めるのは、本当に難しいと思います。お金が稼げるということも大切だと思います。