自信過剰が影響をして気ままに動く様になり呆れた上司から解雇を言い渡されました。

スポンサーリンク★

会社勤務をしている男性です。別の部署から移動をして来た同僚に一から仕事の段取りを指導していたのですが、始めの頃は指示通りに仕事をしていましたし、言われたとおりに仕事をやり遂げる将来の見込める人だと思っていました。2年程経過をすると次第に仕事にも慣れて来ましたし、自分のやらなければいけないことを把握して行ったのですが、自信が付いたのか次第に自分勝手に動いて行くようになりました。取引先に6時に電話を入れるように伝えていたのですが、次の日になって確認をすると連絡を入れていないと言うのです。予定と違いますので、どうして入れなかったと聞いた所、取引先は6時で業務が終了なので誰も居ないと思って連絡をしませんでしたと切り出し、上司の意見を聞かずに自分の判断で事を進めるのです。それは彼の勝手な解釈でありますし、実際問題として相手様は電話を待っていましたので、お詫びをする状況になりました。他にも取引先に出かけるように伝えた所、相手様が来る用事があるので行く必要がない、と平気で主張をするのです。また、今すぐ提出する書類を出すように言った所、明日に纏めて出した方が郵便代が安く済む等、とにかく自分の意見を通そうとしました。遥か上の先輩にも言い訳をしますので、自分が正しいと思ったら上司の命令が耳に入らない性格です。次第に不機嫌そうな態度を取り出し行き、先輩に対して無視とも思えるような行動を繰り返してしまい、上司からも信頼される事が無くなりました。最終的に上司からやる気があるのかと聞かれてしまい、クビになって会社を去りました。会社は組織として成り立っていますので従わなければならないルールがあります。個人プレーに走る人間は必ず周りから置いて行かれますし、自分を苦しめる事に繋がると思います。

教員で保護者との関係が悪化したことによって解雇をされた臨時採用

教員には教員採用試験に合格をして教師となる方法と臨時任用によって教師になって仕事をする方法の2つがあります。臨時任用は1年間の任期でありその間に大きなトラブルとなってしまうと指導力不足とみなされて解雇をされてしまうことがあります。かつて一緒に働いていた人は、授業はそれなりにすることができるものの子供のケアがうまくなく、また、保護者に対する態度も非常に横暴であったために保護者の間から問題のある教員とされていました。なんども保護者に対する説明会を学校が準備して行わなければいけないことがあり、さらに保護者が学校に乗り込んできて改善をしてほしいと嘆願をされるような場面もありました。学校長の方から教員に対してもいろいろなアドバイスをしていたようですがあまり改善をされることがなく、さらにその教員自信も校長に対して自分ができないのは校長のせいであるというような態度を取っていたために教員の間でも問題視をされるようになりました。結果的に1年間の契約が切れる時に次年度への契約を延長しないことが通達をされ、結果的には解雇処分と同じ扱いを受けて教員の世界からは去ることになりました。

後輩よ、どうして先に言わなかったんだ!手順を間違えた後輩の失態

これは私の後輩Aが解雇された時の話です。私たちは同じ工場で働いていました。作っている場所は違いましたが、小さな工場だったので、私とAは仲のよい上司と部下の関係でした。そんなある日Aから「転職したい」という話を聞きました。話を詳しく聞くと、工場での月給が少なく、もっと給料の良いところに勤めたいということでした。考え方は人それぞれなので、私は引き止めることもせずにいました。するとまた別の日、今度は後輩Bから相談を受けました。「Aくん(転職しようと思っている後輩)に一緒に転職しないかと誘われたんですけど、迷っててどうすればいいですか?」そんな相談内容に耳を疑いました。Aは同期のBを誘って辞めようとしていたのです。とりあえず私は「Bのしたいようにしたらいいんじゃない」と答えました。それからしばらくして上司から「Bが会社を辞めたいと言ったそうで会社は彼の意思を尊重するらしい。」という話を聞きました。そしてまた別の日、上司から「Bの転職先が決まったらしい。」という話を聞きました。そうなんだ、と思っているとAが慌てて私のところへ来ました。「Bと同じ会社の面接を受けて2人とも採用されたのですが、Bが先に上司に言ってしまっていて、僕はまだ上司に会社を辞めることも次の場所が受かったということも言えてないのです。」Aの話を聞いて、それは大変なことになったと思いました。その後Aはすぐ上司に言いに行ったのですが、結局Bより後に言ったということと、会社に居ながら(辞める意思を伝えていなかったから)他社の面接を受けていたということ、Bの転職を誘発した(Bが正直に話してしまっていたそうです)こと、さらにそこに受かったことを黙っていたことなどに対して会社のトップは大激怒し「そんな人には会社を辞めてもらいたい。」とAには事実上の解雇命令が出されてしまいました。Bのように先に言っておけば、そういう形にならずに済んだはずなのですが。上司としてしっかりアドバイスをしてあげれば良かったなと今更ながら思います。