仕事がくそ遅い大阪の派遣会社に行ってきたので書いておこうと思う。

スポンサーリンク★

シフトが通らなかった空いている時間もせっかくなので有効に使おうということで大阪の派遣会社に登録することにしました。

友達の紹介だったこともありそれなりにしっかりしているのだろうと完全に安心、ノーガードで説明会に行きました。一通り説明会が終わったので必要書類をすべてそろえて書き終えたのでさっそく提出して登録をお願いすることにしました。

オフィスはそれほど大きくなく従業員は20人程度の小さな会社でした。

そのため全員がカウンターから見渡すことができました。

先ほど説明した人の名前を呼び、書類を提出しようと思いましたがなかなか来ない。

忙しいのかなとも思い少し待ちましたが全く来る気配がない。

一応カウンター付近の人が名前を呼んでくれているにもかかわらず全く来ないので何をしているんだろうと見渡していると、隣の女の社員と雑談してました。

名前を呼んでも返ってくるのは生返事ばかり。

10回ぐらい読んだあたりにこちらに来て対応してくれたのですが話を途中で切られたのが不満だったのか、すごくイライラした態度での対応でこちらもすごく理不尽な気持ちになりました。

それ以降、そこの会社を利用することはありませんでした。(34歳、男性)

上司の振る舞いを前に、これは犯罪なのでは?と笑い声の飛び交うテレアポ事務所

商品の購入を、電話帳の番号が範囲を分けて区切られたエリアごとに電話して紹介し、訪問販売員が商品説明をしてもいいかという約束を取り付ける仕事をテレアポの仕事と言います(当時、そのように聞き、業務にあたっていました)。

勿論突然電話を見知らぬ人間がいきなりかけてきて、商品説明という流れから、お客様は毛幻想で在ったり、面倒さからくる不機嫌そうな反応がえってくるなどありストレスのある職場です。

それ故に、事務所をと取りまとめる上司が場を和ませる為に笑いを誘う為の話をすることがありました。

ただ、その職場の取りまとめを行っている男性に至っては、女性のテレアポ職員しかいない中でありえないことを日々行っていました。

それは、全員の前でのセクハラ発言と行動でした。

いきなり下半身事情を暴露するなど言葉でのものはまだいい方で、時には全員の前でズボンのチャックを下ろし下着の色を披露するなど考えられない行為を平然と行っていました。

飛び交う声の中にも冗談めかして「これは事務所の外でしたら捕まるわよ?」などという発言も飛ぶほど。

いくら場を和ませるためとはいえ、とんでもない出来事に、派遣元が抗議に行くという一コマが発生していました。(32歳、女性)

深夜にくるいたずら電話の犯人は実はあの店のあの人物からだった!

私は接客業に勤めておりました。

具体的にはスーパーに勤務しており、社員として働いておりました。

スーパーの社員は主にすべての業務や担当部署の管理が主な仕事になりクレーム対応も大事な仕事の一つになります。

老若男女問わずたくさんのお客様が来店するスーパーですが、サービス精神をモットーに一生懸命働いていました。

しかし、こちらの不注意でお客様にご迷惑をおかけして嫌な思いをさせることもあります。

そんな中で「クレーム」がお客様からもらうことがあります。

クレーマーと呼ばれる理不尽な理由で電話をしてきて従業員も困り果ててしまうということもよくあることですが、お店の事を考えてくれて、今よりも良くなるようにとクレームや意見を言ってくれるお客様もたくさんいます。

なにか不満に思ったり、例えばレジで金銭の受け渡しで誤差が出てしまった際もクレームとしてお店に連絡をくれる方は、全体の5%と言われています。

つまり5件のクレームがくるということは、100人の方が何かしら不満に思うことがあるということです。

こういったクレームは改善点を見つけさせてくれるものであり改善することで店舗が良い方向へと向かっていくことができます。

これは私の上司の話ですが、クレームの対応はとてもうまくお客様をなだめることはすごく上手です。

しかし、電話を切るとすぐに文句を言いだします。

クレームがくると原因を調べ折り返しの電話を入れるため電話番号を聞きます。

この上司はクレームが収まったあと必ず電話番号を聞いたお客様に真夜中に公衆電話から電話をしていたずら電話をしていました。

面白くない気持ちもわかりますが、これは犯罪ではないかと疑問に思い恐怖を感じました。(33歳、男性)

飲食店での腐った社員たちがすごく許せないと思った件について。

某有名な飲食店で働いています。少し前に名前も知りませんでしたが、タウンワークでたまたま見かけて、面接を受けたお店が全国的にもすごく有名な会社であり、そこに合格しました。

有名なだけあって社員教育などはしっかりしているんだろうなと思っていました。

いわゆるスタバのような感じでしょうか。

マニュアルのようなものを先輩がたが教えてくれるのだろうと思っていましたがほとんど教えてもらえないまま、とりあえず行ってこいの精神で注文を取りに行かされたり料理を作らされたり、運ばされたりしてすごく神経をすり減らす仕事でした。

そんな感じだったのでアルバイトはもちろんですが社員もそれほど教育されて無いようで、味見や食材チェックと称してつまみ食いを絶えずにする社員もいました。

もうあきれすぎて言葉も全く出ませんでしたが、本当にこの会社はこれからも大丈夫なのだろうかと不安になりました。

その結果当たり前ですがうちの店舗は食材費を使い込みすぎているということから食材費に関する注意店舗として本部から注意されるほどのダメっぷり。

うちの会社はもう駄目だろうなあと思いました。教育というものは大切です。(31歳、女性)