あのカリスマ美容師、実は無免許だった?危ない理容師・美容師さんの話

スポンサーリンク★

私が美容院で受付の仕事をしていた時の話です。

美容師や理容師というのは本来国家資格を持っていなければその仕事をやってはいけません。

でも、安い美容院のような薄利多売で人手不足のお店は国家資格を持っていなくてもカットをする場合があります。

かくいう私も、受付という身分で国家資格を持っていないのに、シャンプーやブローをしていました。

また、安いとことの美容師さん、理容師さんはハサミやカミソリ、トリマーをいちいち洗浄しません。

ということは、もし病気のお客さんがいて、血や膿などが付着したとしたら、それがほかのお客さんにも付着してしまい、病気が感染してしまいます。

私の職場でも、衛生局対策としてハサミやかみそりの洗浄装置がありましたし、消毒用のアルコールもありましたが、忙しいしめんどくさいという理由で、中身は水で意味がありませんでした。

衛生局の人も、中にちゃんとアルコールが入っているかどうかなんて調べません。

これは10年以上も美容師を続けている店長さんから聞いた話なのですが、国家資格を持っていないのに施術をしている人は結構いるようです。

そして、なかには国家資格を持ってる人よりもうまい人もいるそうです。

美容師さんは「センス」が問われる仕事なので資格でどうこういうものではないのだとは思いますが、衛生はしっかりしてほしいですね。(32歳、男性)

就職して初めて知ったホテル業界の裏側、更に裏側は気持ち悪いです

私が老舗ホテルに就職した時の話です。

お部屋の料金が部屋やプランによって違うのは当然ですが、私が働いていたホテルはお部屋ランクに分かれた浴衣の色が設定されていました。

なので、広間で会っても高級なお部屋の人と安い部屋の人の見分けがつくようになっていました。

担当者もベテランは高級、新人は安い方と別れていました。

一番高級なお部屋には従業員も決められた人しか入室できない決まりになっていて、専用エレベーターは従業員用なのに鍵がないと行けないというくらい厳重でした。

私が一番驚いたのは、従業員の社員食堂です。毎月の給料から「食事代」として天引きされて手元にはチケットが配布されます。

一枚チケットを出すと食事が提供されるのですが、コンクリート造りの会社の廊下の隅から更に奥に続く廊下をしばらく歩くとビルには到底合わない木製のドアがあるんです。

ドアを開けると、半地下の状態で長細い食堂がありテーブルはコイル(?)か、木の板が渡されているだけのものが何個か並んでいて、椅子はビールケースをひっくり返しただけのものか木の板が渡されているものだったんです。

その汚さと貧乏臭さだけでも嫌なのに食事をお願いすると棚からカピカピになった焼き魚と漬物を出してご飯を窯から出して終わりです。

そしてそのご飯はお客様の残し飯だと聞かされてからは食堂で食べるのをやめました。(33歳、女性)

パチンコ屋さんの裏側は恐ろしい物が潜んでいますよ、はまりすぎ

パチンコのコーヒーレディとして働いていた時期があります。そこで知った事はかなり黒い事情です。

パチンコやパチスロでよくフィーバーを出しているお客さんの中で、実はサクラが数名紛れているそうです。

お店側でスタッフの知り合いや友人でバイトとして雇っているそうです。見た目は全くわかりません。

一応他のお客さんにもちゃんとフィーバーする台もあるんだよという、意味合いでサクラをおいているのだそうです。

1日の報酬は大体2、3万くらいで、時間は10時間そこそこじっとその場でしているそうです。

ある程度大金を積ませないと、パチンコの玉やパチスロのメダルを持ち帰られては大変な事になるからだそうです。

コーヒーレディとして見ているとサクラかは分かりませんが、パチンコのしながら動画などみていたり、やる気無さそうにLINEしている若い男性の方が多い気がします。

事情をしるまでは何か変だなと思いつつ見ていましたが、最近もしかしたらサクラの可能性がありかも?と思ったりしています。

上記の人達は何気にフィーバー率が高いのです。

サクラなだけあってか、あまりコーヒーを利用される事はありません。残念です。(29歳、女性)

病院の裏の裏側を見ると、お医者さんなんて大抵ろくでなしばかり

中学時代の同級生が看護師さんをやっています。彼女が言うには、大抵のお医者さんはろくでなしばっかり。

結婚パーティーとかで人気になるのが分からない、だそうです。その理由はほとんど下ネタが多いそうです。

おっぱいもませろ、やらせろ、愛人になれと、同級生はしつこく迫られたそうです。

しかもお偉いさんばっかりに。

私も一応、医療従事者として働いている為、同級生の言っている事はあながち嘘ではない事がわかります。

もちろん、いい先生にお会いした事もありますが、実際お医者さんという人は、看護師さんや医療事務のスタッフにかなり支えられています。

薬間違えが多かったり、かなりアバウトだったり、患者さんの話を聞かず事故判断で動く事も多いので、看護師長にぶちギレられている事も決して少なくはありません。

本当に両極端なのです。

そんな面を見ていると、お医者さんなんかと結婚したら物凄く面倒くさそうな気がします。

独特な方も多いですしね。悪い人ばっかりではないのですが。

実際お医者さんよりも、看護師さん達の方が裏の実力者だと言えます。

影で操っている訳ではないのでさが、支えられているので立場が逆転していますよ。(52歳、女性)