だた人間を長くやっているというだけであんなに傲慢になってもいいいものなのか?

スポンサーリンク★

私が以前に勤めていた会社の上司、課長補佐、教育係は本当に人間としてカズでクソガキでしたね。

大学も出ていないで高卒のクセにただ私より長く生きている、勤続年数が長いというだけでよくもまあ、人の嫌がることああまで言っていいのかと思いました。

上司だと言うだけで部下のプライドを平気で傷つける暴言を吐いていいわけがあらず、何を調子に乗っているのか知らねえけど正に職権乱用、パワハラでした。

庶務の女性にもセクハラ的発言をしていましたし本当にカス、人間のゴミの様な人間でした。

私も入社してから2年間はガマンしましたが2年で堪忍袋の緒が切れて会社を辞めてやりました。

全然後悔はしていませんし、あんなのを雇っている会社や上司の課長が悪いのであって、ヤツの上の監督責任だと思います。

部下がやる気にならないですし、ただ年上、勤続年数が長いからといってやっていいことと悪いことがあります。

そういう部下の気持ちを思いやれない上司を教育、監督、修正できないその上司達達が悪いのであって、あれでは下の世代が育ちません。

本当に私の上司の課長補佐と教育係りかクソであり人間のクズであり人格者である課長が奴らを矯正できなかったのは非常に残念でありその優しさが課長の監督能力の限界であると思わざるを得ませんでした。(35歳、男性)

職場は家族の遊び場?社長はなんでも自分の思い通りに動かせます!

私が就職した、アパレル会社は、親族企業の会社でした。

副社長は社長の奥様、店舗運営スタッフには、社長の妹。

極めつけは、社長の娘の彼氏が統括本部長という役職で居座っていました。

ちなみに、娘は他社で働いていて、私の会社には働いていません。

会社には親族以外の社員もいましたが、皆、定年間近のおじさまばかりでした。

その為、誰も親族経営には口を出さず、黙々と仕事をしていました。

親族経営ということもあり、社用車は社長一族の私物となっていました。

到底営業車とは思えない、真っ赤なミニクーパーです。営業車名目で会社にはミニクーパーがありましたが、副社長が通勤、私用などの外出で使用する為、一般社員はほぼ使用することはありませんでした。

私物化した会社では、更に驚かされるようなこともありました。

海外への出張という名目で、社長、副社長がタイに向かったのですが、なんと娘も同伴させていて、一緒にゴルフを楽しんでいたようです。

もちろん、娘の宿泊費、航空券などは会社の経費扱いとなっておりました。

親族経営がすべて悪いとは言いませんが、今後、私は二度と親族経営の会社では、働かないことを誓い、転職いたしました。(31歳、女性)

気に入らない部下と気に入っている部下の、差別が激しすぎるクソ上司

私が過去に勤めた職場にいたクソ上司は、気に入らない部下には大量の仕事を押し付けて、お気に入りの部下にはたいして仕事をさせない上司です。

私は気に入られていない部下だったので、どう考えてもその上司がやるべきであろう仕事を、次から次へと押し付けられました。

そのため、業務時間中には終わらず、残業代が出ない中、毎日残業をしていました。

ちなみに、気に入らない部下とは、私を含めて意見などをはっきり言う人たちが多かったです。

また、理不尽なことがあったら、上司にハキハキと言う人たちでした。

そのクソ上司は男性だったのですが、気に入っている女性部下と、業務時間中にはニコニコしながらいつもお喋りをしていました。

お昼ご飯も気に入っている女性を誘って、よくのんびり外食をしていました。

私を含めた気に入られていない部下たちは、仕事の量が多いため、お昼休みの時間を割いてまで仕事をしていました。

しかもそのクソ上司に仕事について聞きにいくと、気に入っている女性部下と話している時とは一変して、いきなり厳しい態度になるのです。細かいことをグチグチ言われたり、すぐにキレたりもします。

ストレスばかりの毎日で、本当に最悪でした。(33歳、男性)

権限だけ存分に使い、本来取るべき責任は取らずに部下に押し付ける責任転嫁上司の話

私は以前、営業の仕事をしておりました。その頃、一緒に働いた最悪の上司のお話しをさせて頂きます。

役職というものは、権限を持つ代わりに責任が発生するものだと思っております。

私が過去に一緒に働いた上司の中で、責任は放棄し、権限のみは最大限に利用する者がいました。

自分の価値観で仕事を進めさせ、部下からの進言は一切、聞く耳を持っておりませんでした。

その結果の責任を取るのであれば、致し方ないとは思えたのですが、更に上位職の方には「これは部下のミスによる結果です。

私の教育不足で申し訳ありません」と報告していたことを知ったときには愕然としました。

そしてこういうことを言う人間は、責任を押し付けても何も言ってこないであろう部下を選んで押し付けるので質が悪いです。

幸い、私が責任を押し付けられた訳ではありませんが、押し付けられた部下は責任を感じ、退職しました。

こういう人間は徐々に敵を作っていくと共に、能力はありませんので、出世は出来ません。

以前、部下として働いていた人間が同職位となり、上司となっていきました。

気が付くと彼の周りは敵だらけになっていました。それでも今もしがみついてその会社にいる様です。(35歳、男性)