静かなオフィスで毎日怒られていた新人の私。そんな私を見た上司たちは…

スポンサーリンク★

会社に入社して半年ほど経った頃でしょうか。

気難しい先輩の下につくことになり、毎日怒られて悩んでいました。

私にとっては初めて行う業務だったので、分からないことが多く、自分なりにこなしていたものの細かなミスもあり…。

気も弱く、もはや完全に弱い立場と化した私。広い静かなオフィスの真ん中で、毎日1時間近く怒鳴られていたんです。

しかしながらその先輩の上につく上司や、他の上司も見て見ぬ振り。

それどころか、「こいつなら怒ってもいいんだ」とばかりに、どうでもいい小さなことで私をチクチク責めるようになったのです。

ストレスのはけ口が私に向いたんだなと思いました。まるでイジメ!いい年して、ありえないと思いました。

結局、上長がそんな私に気付いてくれ配置転換が行われたのですが…。

あの時の上司たちは本当に非常識な行動ばかりで、新入社員の私からしたらとにかく怖かったです。

そこから4年ほど経ち、仕事も出来るようになってきた今。

思い返せば、日々怒られていた内容も大したことないことばかりだったので「あの時の苦しみは何だったんだ?!」とムカついてしまいます。クソ上司たちだったなぁと思います…。(27歳、男性)

飲食店で働いていた時、ある日突然、エロ社長から迫られました。

飲食店で働き始めた頃、入ったばかりということもあって出来るだけ早めに出勤して掃除などを率先してやっていたんです。

開店準備はだいたい終わらせておくのが日課でした。

比較的、若い人(女性ばかり)が働いていたんです。後から考えれば社長の趣味だったのかもしれません。

開店準備の時間は店のカーテンも閉めた状態だったので薄暗い中での掃除だったんですが、ある朝珍しく社長が様子を見にきました。

普段は夕方にしかこないので不思議でしたが、軽く挨拶を交わすと、私は仕事に戻ったんですが社長から「コーヒー豆を倉庫から持ってきてくれないか」と言われ倉庫に向かいました。

コーヒーを美味しく入れるコツを教えてあげるからと言われて、何故か倉庫で押し倒されました。社長はおじいちゃんです。

何かの冗談だと思いとりあえず起き上がりました。すると今度は抱きしめられたんです。

「何をしてるんですか?」と言うと舌打ちされ社長はいなくなりました。

どうやら、他の女性にも同じことをしていたらしく従業員の中に愛人がいることを他の女性から教えてもらいました。

スルーしていればいいかと思っていたら翌日クビにされました。(21歳、女性)

ヒトラーのような同性セクハラ専務にうつ病にされ人生がメチャクチャにに!

私は普通のサラリーマンではなく、親が会社をしていました。もちろん社長は父親で、この父親もワンマン経営者だったので最悪だったのですが、この社長が他の企業から連れてきた専務がもっとタチが悪く会社全体が険悪な雰囲気になっていました。

社長は私を後継者にすべくこの専務を上司にしたのですが、この専務は完全に独裁主義で、しかも同性愛者という最悪な上司でした。

その仕事ぶりは酷いものでした。

経営というのはトップダウンが必要であることは理解しているのですが、ボトムアップがあってこそのトップダウンだと私は考えています。

営業にしても現場にしても社員の意見を取り入れ、その上で意見を精査して指示を出してこそ経営は成り立つものです。

そうでないと社員の不満は膨らみ続け、完全に士気が下がってしまい、出来る仕事もしなくなります。

この専務は会議が大好きで、何かかと大勢を集め会議をしていました。それはかまわないと思いますが、問題はその内容です。

会議の度に誰かを槍玉に挙げてメチャクチャに説教…と言いますかイジメが始まるのです。

完全にパワハラでした。

その社員が意見をいうと、それに対して1時間以上ものダメ出しをし「バカ」「お前のようなヤツは要らない」などの暴言をぶつけ続けるのです。

結局その社員(部長)は胃ガンになってしまいました。

手術をして一命は取り留めましたが会社に復帰してしばらくして辞めてしまいました。

それでも専務は自分のやっている事に気が付かず他の管理職や一般市民にも同じことを繰り返していました。

ある人は突然事務所に入ってきて辞表を提出しました、またある人は殆ど仕事の無い部所に異動になり、またある人は体調を崩しやせ細り、これが原因かは定かではありませんが結局なくなってしまいました。

専務が行っているのは会議ではなくイジメの場だったのです。

セクハラについてですが、対象者は私です。

何かと飲みに誘い夜遅くまで付き合わされたことは数え切れません。

それは普通の企業でもあると思いますが、問題は二人になるとすぐに渡しの下半身を触ろうとしたり「よしキスをしてやろう」などと言うのです。

抵抗はしていましたが油断したときに実際に触られたことは幾度となくあります。

社長が見初めて連れてきた専務なので誰にも相談できず、結局2年ほどでうつ病になってしまい出社も出来なくなってしまいました。

因みにこの専務は60代で私は20代でした。

現在私は会社を辞めて今でもろくに職にも就けない程のうつ病を患っています。

うつ病になったせいで家庭は崩壊、嫁は子供を連れて出ていました。子供には月に1度しか面会できません。(30歳、男性)