自動車のメーカー純正アクセサリー品の原価は1/10程だったりすることも

スポンサーリンク★

国内主要自動車メーカー各社は、自前の純正アクセサリー品のブランドを持っています。

例えばホンダを例にあげると、「ホンダアクセス」が純正アクセサリー品ブランドになるのですが、実際新車をディーラーで購入する際などに、自動車メーカー各社のアクセサリー部品のカタログに記載されている各部品の販売価格を見て、「結構高いなぁ…」と感じることはありませんか。

アクセサリー品も最初から自動車に組み付けられている部品同様、自動車メーカーと自動車部品メーカーが共に設計・開発を進めてきたものです。

確かに、アクセサリー専用部品となると製造単価も高くなりますが、その他の量産車からの流用品だったりすると、金型などの初期投資もなく低価格で製造出来ているものも少なくありません。

実際に、自動車部品メーカーにお勤めの方にアクセサリー品を自動車メーカーに納入している価格をリサーチすると、市場価格の大よそ1/7、部品によっては1/10の価格で納入しているとのことです。

市場のお客様が目にするカタログの販売価格に至るまでに、「自動車部品メーカー」→「自動車メーカー」→「ディーラー」と仕入れ価格に対しての利益上乗せがあるのは致し方ありませんが、それぞれに於いて利益幅を大きく取っているに違いないでしょう。

ディーラーで新車購入の際には当然の様に「値引き交渉」をされると思いますが、「これ以上は…」と値引き交渉が行き詰った時には、純正アクセサリー品の仕入れ単価が低いという情報を上手く利用して、アクセサリー品をいくつか「タダにしてもらう」や「大幅割引してもらう」など、値引き交渉の手段の1つに利用出来るかもしれません。(45歳、男性)

日本の食品工場も中国並みにヤバい!日本の食品も気を付けた方が良い

私はとある商品工場に勤めてきます。なんの食品を作っているとかを言うと恐らく一瞬でばれてしまうので細かい仕事内容は言う事が出来ません。

食品工場と言うと中国の工場が汚いと言うイメージがある人が多いですよね?

マックの肉の問題だったりが一番有名だと思います。

それで日本で作っている食品は大丈夫だと思っているあなた、食品工場に3年も務めている私がハッキリ言いますけどヤバいですよ。

何がヤバいかってまず食品を入れる入れ物が中々汚い事でした。

大量に食品を作るのでデカい入れ物と言うか物置みたいな見た目をしたものに作った食品を入れるのですがその入れ物がとにかく汚いです。

入れ物の表面上は綺麗で普通に見ると食品工場だから汚れ1つなく綺麗な入れ物だなと思ってしまいます。

実際私も入社初日でそう思いました。ですがよく見てみると隙間の方が異常に汚かったりします。

とんでもない大きさの入れ物のインパクトで見た人は隙間の方にまで目が行かない事が多いです。

隙間の方にはカビなどが所々にあり、全く掃除をしている様には見えませんでした。

カビは入れ物の外に出来ている為、食品には何も影響はないですが気分的には最悪です。

私がこの食品工場で学んだ事は日本の食品工場もそこまで安全安心の物ではないと言う事を学びました。(51歳、女性)

個別指導塾のは「完全個別」と「瞬間個別」がある?それぞれの意味とは

私は教育業界で働いていますが、それまで知らなかったことでびっくりしたものがあります。

それは、個別指導塾のあり方です。普通、単に個別指導塾と聞くと、先生が生徒について家庭教師のような空間になるのかなというイメージがあると思うのですが、それをきちんとしているのは特定の塾だけでした。

実は、個別指導塾と言っているのにもかかわらず、実態は先生:生徒が1:6だったりと、ほとんど集団塾のようなところもあるのです。

そこで、わからなかった箇所があれば聞いてね、と言ってその時限り個別になる、「瞬間個別」と呼ばれる塾もあるのです。

それでも、個別に指導している塾であることのは変わりはないため、塾は堂々と個別指導塾ですと言えるのです。

このような塾に気をつけたいのであれば、うちは「完全個別」です!と言い切っているところがオススメです。

または、先生:生徒が1:2など、具体的数字で宣伝しているところです。

それでも先生はずっと席についていない場合も考えられるため、子どもの塾選びの時には必ず無料体験をして、他の子の様子を見てほしいと思います。

「個別」という言葉に騙されないようにするためにはこのような知識も必要です。(31歳、女性)

税理士事務所の仕事の特徴と税理士資格を取得する確率を上げる方法

税理士事務所は税金の計算をするのが主ですので、学生時代に理数系が得意な人が、向いていると思われがちですが、実際は違い大変驚いたものでした。

計算はコンピュータがするので、税理士事務所の仕事は、伝票などに記入されている数字や勘定科目を入力する作業が多いです。

ですから特に理数系が苦手だからと敬遠する事はないです。

税理士を目指すのでしたら、分厚い所得税法や法人税法の本を理解して、論文を記入するテストに合格しないといけません。

ですから文系が得意な人が向いています。全部で5科目に合格して晴れて税理士資格を得る事が出来ます。

公認会計士は一度に5科目を合格しないといけないので大変難しいのですが、税理士試験は一度に合格する必要がないので、毎年1科目ずつ合格して5年以上かけて税理士資格を取られる方も多くいらっしゃいます。

合格率は1科目20%もないので、免除制度を利用した方が無難であるとも言えます。

大学院まで進学して、「税法」または「会計学」に関する科目の研究を行えば、税理士試験で試験科目が2科目免除されます。

また、大学院出は、税理士事務所内での出世が早くて有利です。(28歳、男性)