ブラック上司のおかけで退職者が続出し残った社員は数人になってしまいました

スポンサーリンク★

以前勤めていた職場の上司の話です。業種はITでシステムのコンサルをメインにしています。

当時の上司はクソ上司でもありますがブラック上司でもあるのです。

まずは時間の感覚がなく部下のプライベートを非常に軽視しているのが特徴です。

基本的にタイムカードが存在しており申告すれば残業を付けられる会社なのてすが絶対に残業を認めないのです。

と言うよりはタイムカードを押させた上で残業を命じられてしまうため手当が全く付きません。

何故なら残業手当の費用が営業で得た費用から引かれる仕組みになっているからなのです。

終電で帰る日々が週に何度もあり時間外労働の時間だけで月に100時間を超えています。

土日に付いても満足に連休など取れたためしもありません。必ずどちらか出勤させられてしまうのです。

しかも会社の上層部には絶対に言うなと箝口令がしかれる始末のため決して表には出ないのです。

そういったことは冠婚葬祭でも例外ではありません。

コンサルの営業成績を上げるためには部下の都合などお構いなしに出勤させコキ使うのです。

当たり前ですが辞めていく社員が何人も出ていますが上層部には給料泥棒を追い払ってやったなとど言う言動が度々あり更に退職者が続出し結局その部署に20人いた社員が6人となってしまったのでした。

それがきっかけとなりその上司自体も会社から処分を受け退職することになったのでした。(28歳、男性)

彼氏いない歴15年の神経質かつ気性の荒すぎるアラフォー上司。

子供服の販売スタッフだった私の上司は、ショップを統括するマネージャーの役割でしたが、とても気性の荒い女性でした。

当時30代後半だった彼女は彼氏いない歴15年以上で、潔癖症で神経質なので男性を紹介されても一つでも欠点があれば彼女にとって、嫌な人になってしまうのです。

それは職場においても同じでした。

自分の考えを絶対に曲げない、マイルールだけが彼女の正義なのです。

彼女はとても気分屋な性格だったので、出勤してきたときの「おはようございます」の一言で、今日は機嫌が悪いな、というのが一瞬で分かるほどでした。

機嫌の悪い人はスタッフとコミュニケーションも取らず、些細なミスであっても頭ごなしに怒りました。

何人ものスタッフが彼女の性格を理由にお店を去って行きました。

私もその1人です。

決めてだったのは、祖母が大病にかかった際に手術の付き添いの為にどうしても休みが欲しいと頼んだ時です。

幸い祖母は元気になりましたが、今生の別れになるかもしれなかったのですが、「なんで付き添わなきゃいけないの?」と言われ、店が回らないというのを理由に休むことが出来ませんでした。

その一年後に祖父が亡くなった際にも、公休で3日休めるところを2日で出勤しろと言われました。

お世話になった人ではありましたが、上司として、さらに人として信用できなくなったので退職しました。(25歳、女性)

女子には気前が良いくせに男に対してはトンでも無くケチなオヤジ上司

とにかくケチな上司でした。

ウチの会社は、上下の関係が結構厳しく、上司と部下、あるいは先輩と後輩の秩序がしっかりしていました。

そして、しっかりしていた分、先輩は後輩を思いやり、何かあったら晩飯を一緒にしながら話を聞いてくれたものでした。

当然その時の晩飯は先輩の奢りです。

私は入社当初に、その社内の文化を知らなかったこともあり、先輩と食事をした時に、割り勘を申し出たのですが、先輩から「その分は更に来る後輩のためにやってくれ」と言われたものでした。

さて、そうしているうちに異動があり、そのケチ上司が私の部署にやって来ました。

最初の方は、その上司と食事を共にすることも無かったので、そのことに気が付きませんでしたが、ある飲み会が催されることになり、その上司と職場のチームが一緒になりました。

化けの皮が剥がれたのがその時です。

そのケチ上司は女性の会計を持ったのですが、男子社員にはそんな気配もなく、割り勘だと言って来ました。

社内の文化では、先輩や上司が少し多く出すのが普通でしたのに、新入社員同然で、収入も少ない我々に同額の勘定を言って来たのは、非常にゲンナリ来ましたが、その一方で女子社員、しかも複数人の会計を持ったのです。

今はその人も定年退職をして、付き合いはありませんが、もしかしたら近所の老人会などでも、お婆ちゃんの会計だけを払っているのかも知れません。(35歳、男性)