働いている介護施設で見つけた備品盗難のパートの解雇に関わったこと

スポンサーリンク★

老人介護施設で管理業務をしています。

以前は現場にも出ていたのですが、施設の規模が大きいだけに今では事務所にいる時間がほとんどになっています。

仕事のひとつに消耗品の購買があります。

介護施設なので、トイレットペーパーや洗剤をはじめさまざまなものを一度に発注します。

購買の立場からすると、少しでも節約をしたいにも関わらず、あまりにも減り方の著しいことに疑問を感じていました。

ある日、パート従業員が自宅に持ち帰るためにカバンに詰めているのを目撃しました。

はじめは注意して見逃そうかという気持ちもありましが、反省の気持ちもなく、しかも常習性があり、会社に不利益を与えていると判断して、上司に報告をしました。

やはり会社のものを盗むというのは、社内で信頼関係を構築することができなくなってしまいます。

本来は人手不足ですから、求人を出して採用者を探している段階でしたが、上司の判断でやむをえず辞めてもらうことになりました。

社内には一身上の事情での退社ということで、負い目のないようにはからわれました。

それでも自分が言い出したことがきっかけで一人の人間を追い出すことになってしまったのは、仕方のないこととはいえ、やはり辛い経験でした。

自分さえ良ければいいは通用しません。人生そんなに甘くないです。

私が電子部品の製造工場で働いていた頃の話です。

解雇された私の同僚は、私より年上ですが、勤務年数は私より浅いという人でした。

入社後3年くらいまでは真面目に仕事をこなしており特に悪い噂もなかったのですが、ギャンブル好きだというのは耳にしていました。

このギャンブル好きが影響したのか借金を繰り返していたようで、消費者金融にも追われていたようです。

職場に返済の催促の電話が何度かあり私もその対応をしたことがあります。

この借金が影響したのかこの人の人格も変わっていきました。

毎回嘘丸出しの理由をつけて仕事を休むようになったのもそうですが、職場の部下に自分の壊れた車を高額で売りつけようとしていた事もありました。職場内からも苦情が入り、借金取りに追われ逃げているそんな人間を職場も放っておく訳がなく結局解雇されてしまいました。

解雇された後に知ったのですが、この人が以前に勤めていた会社を辞めた理由も借金が原因だったようです。

辞めたというよりは辞めさせられたが正しいかと思います。

私が一番許せなかったのは既婚者でありながら奥さんとお子さんに迷惑をかけたことです。

最終的に離婚という結末に至ったそうですが自業自得としか言いようがありません。

コンビニの職場で働くたった1人の社員が懲戒解雇されてしまいました

パートで働いていたコンビニの社員が、解雇されてしまいました。

解雇されるまでには、無断で遅刻したり、居眠り運転、他の店でアルバイトしている事がバレたりと次々に問題を起こしていました。

それでも、コンビニ内でただ1人の社員だったんので、オーナーは何度も話し合いを持ってそのたびに社員の男性は、反省して今度からきちんとしますと反省していました。

私はこの社員の男性が、アルバイトだった時から一緒に働いていたので、出来れば彼に頑張って欲しいと思っていました。

アルバイトの時は、真面目だった彼が社員になった途端に変わってしまったのです。

結局、それが自分に甘くなるという結果になり、問題ばかり起こすようになりました。

結局、オーナーからは社員には辞めてもらう事になったと聞きました。

社員は、問題行動が改善されなかったことや、他のお店でバイトしている所をコンビニのお客さんに見られオーナーにお客さんがその話をした事が最終的な決め手でした。

長い間一緒に働いて来たので、解雇は何だか私も辛い気分でしたが、たった1人の社員だからこそ、みんなの手前解雇しかなかったのかもしれません。

解雇になった社員自身も、自分が悪かったと去り際に言っていました。

ちょっとした気持ちからの少額横領で即刻解雇された若手社員の話

つい先日の話なのですが、同じ会社で働く後輩が解雇されました。

解雇の理由は横領です。後輩が横領で解雇された事実は、その後輩が会社を去ってからしばらくしたら聞きました。

私は現在は別の部署なので事後報告になったんだなーと思っていたのですが、同じ部署の人にしても「後から聞いた」ということで。

なんでも、仕事を一緒にしている社員しか知らなかったそうです。

といいますか、その人が気づいて横領の事実を本人よりもまず先に総務に報告して、そして事実確認が行われました。

その後、社長と部長と本人、そして一緒に仕事をしている社員他数名立会いのもと、本人に事実確認を求めるとあっさり認めたため、懲戒解雇となったそうです。横領ですからね。

「横領」と聞くと、とんでもない大金を自分の懐に流したというイメージがありますが、しかし同僚が横領した金額は8万円だということなのです。

まあ8万円でも千円でも横領は横領で変わらないものですけれど。

ですから、会社の判断は正しいものだと思っています。

なんでも、経費として預かっていたお金を私用に使っていたのだとか。

しかもこれが初回ではなく、何度か出し入れして自分で調整していたようなのです。

ですからあまり悪い感覚もなかったのではないだろうかと思います。

しかし預かっているお金は会社のお金ですからね。自分の貯金を出し入れしているわけではありませんから。

「ちょっとした気持ち」だったのでしょうけれど、即刻懲戒解雇ということで、私は別に悪いことは何もしてはいませんが、なんだか身につまされる思いをちょっとばかり感じてしまいました。