女性に人気の医療事務の実態とは??実はこれは必要あって必要ないです。

スポンサーリンク★

私は現在医療事務の正社員として働いています。今年で5年目になります。同じく働いている医療事務のメンバーは、私の他に5人くらいいます。その中で、誰もが医療事務には必要だと思われている医療事務の資格を持っている者は、実は一人もいません。元々私が入った時点で、資格必要なしとはなっていたのですが、私以降のメンバーやお偉いさんも、全員医療事務の資格なんて持っていません。その理由は特に必要ないからかもしれません。私が働いている施設は透析のある施設です。透析患者さんは他のクリニックとは異なり、通院患者のみしか来ません。基本的に通院患者さんしか来ないので、治療や処置の算定方法はおなじなのです。よほど変わった採血や機械を使わない限り、大いに変わるところはありません。その為、月末に行うレセプト処理は慣れてしまえばそこまで難しくはなく、誰にでも出来るのです。これが他のプレーヤークリニックだと、来院する患者さんは同じではないので、コストの算定が相当大変だと聞きます。レセプトを間違っていたら、クリニックの方にまで迷惑をかけてしまいますしね。なのであくまでも医療事務の資格を持っていても役にたたない場合も多いのです。医療事務などの場合は実践でやしなわれる事も多いので、資格が行っても何の意味もなさない事が多いです。外来施設もあるにはあるのですが、外来患者さんの状態により、別の病院に移ってもらわなければなりません。外来患者さんのどんな状態の場合だと言うと、ノロウイルスや下痢嘔吐をしている人、インフルエンザや37.5度以上の高熱がある人は強制的に別の病院に移ってもらわなければなりません。透析を受けている患者さんは、一般人とは異なり体の機能が弱っている為、ちょっとしたケガや風邪でも中々治らないケースが存在します。その為、もし外来患者さんがウィルス性のバイ菌を持っていた場合、他の患者さんにもうつってしまうケースがないわけではないので、お断りしています。もし内科を受診される方でそこの施設に透析とかかれているか、事前に見ておかなければ、しんどい中たらい回しにされる可能性が大いにあります。他には医療事務の場合は会計や電子カルテなどを簡単にさわっておけば良いわけではありません。医療事務は看護師さんや先生から、めちゃくちゃ雑用を頼まれたりする事が多いです。雑用は備品補充用の発注や、患者さんにつたえる、患者さんの体重測定を行ったりなど、やる事がとても多く、ゆっくりやすむ暇はありません。雑用をミスしてしまうとめちゃくちゃ怒られ、患者さんに迷惑がかかってしまうのでかなり神経質な人が良いかもしれません。ただやりがいは多いです。収入は安定しており、ボーナスもらえる、平日1日祝日お休みで、ゆうずうが聞きやすいので、働くには本当におすすめですよ。ただ体力や気力は必要なので体調管理には注意しました。クリニックによってお昼休憩の時間は異なるので、確認を取ってください。医療事務の仕事内容は基本的に先生のアシスタント、雑用、パソコンをさわるなどなど。クリニックにもよりますが、電子カルテ使用の場合、パソコンスキルが必要になります。正直な事を言うとパソコンスキルの方があったらかなり違いますよ。スキルやリストなどを作成する場合、必然的にExcelやwordなどを使用する事が多いです。元々パソコンできないメンバーも入るので、この當はパソコンスキルの差が圧倒的に異なります。新しいメンバーも、USBの使い方を知らないという人は少なくありません。私達は雑用もかねているので、パソコンの初期設定や経理などを行う事も多いです。正直な話より資格よりスキルの方が重要ですね。パソコンは難しいので、出来る人は重宝されますよ。医療事務の資格はレセプトの勉強や、コストの算定式についてしか教えてもらえません。コストの算定式ももちろん重要なのですが、コストの算定方法は人によって異なるので、難しいです。あとは医療事務とは言いましたが、受付もかねているのでコミュニケーションスキルは必要になります。これはどこのクリニックや病院でも一緒だと思うのですが、愛想のいい患者さんもいれば、態度がキツい患者さんも多いです。その為、接客スキルや態度には気を付けないと、患者さんを怒らせてしまう事があり、クレームに発展してしまう事もあります。特に病院にくる患者さんは老若男女関係なく、お偉いさんが訪れる事も多いので、かなり腹が立つ言い方をされたりします。こういう患者さんの対応は非常に難しく、自分が良いとき正しいと思っている人も多いので、対応に問題があるとクリニックの評判が一気にがた落ちします。実は病院同士繋がっている事もあり、その病院の良い所や評判などをよく聞くケースも存在します。事務は病院の看板でもあるので、身なりなどは清潔にしていないと、物凄く突っ込まれてしまいますよ。