介護の仕事は本当に大変なんです。でも、それ以上に素晴らしいことがあるんです。

スポンサーリンク★

介護の現場は、わからない方のために一応説明しますと、施設の入所する型のサービスと、介護が必要な方のお家に出向く、訪問系のサービスに大別されます。

介護の仕事は、めっちゃ大変、きついと思われる方も多いでしょう。

でも、ノルマなどもなく案外そうした負担はないのでそう言う点では楽かもしれません。

さらに、これから、述べる特典がもれなくついてきます。

それは・・・・特に施設サービス系の介護の現場では、「実は、めっちゃ美人な女の子が多い」と言うことです。

女性が多い職場なんで、まぁそんなもんでしょうと思いがちですが、それを勘案してもです。

さらに、年齢が非常に若いです。20代の子の割合が多いです。

これは、自分のこれまでの経験上間違いありません。

そしてさらに、すごく性格がいい子が多いです。これも、ほぼ間違いありません。さらに付け加えるなら、出会いが少ないので、あなたが、彼氏候補となる可能性もかなり高いです。

まぁ、不純な動機を並べ立てましたが、何よりご高齢者の方が、まぁ、言い方は悪いのですが、可愛い方が多いです。

笑顔に癒されてしまいます。その上、感謝までされて、本当に最高にいい仕事です。

キャビンアテンダントの本当の仕事はどういったものであるか知っていますか

飛行機に乗ると必ず搭乗をしているキャビンアテンダントの方々がいます。

華々しい世界のイメージがあり、子供の憧れの職業ランキングにおいても上位に入ってくるほどの人気の仕事です。

そんなキャビンアテンダントの方々の本来の目的をみなさんは知っていますか。

キャビンアテンダントというと機内において様々なサービスをしてくれるイメージがあります。

しかし、実際にはサービス要員ではなく保安要員として搭乗をしているのです。そのため、緊急事態が起きた時には、彼らの力によって飛行機から脱出をすることになります。

キャビンアテンダントの人々はサービスをする訓練だけでなく、緊急時に対処をするための訓練も日々行なっています。

保安要員であるために訓練以外にもキャビンアテンダントが心がけていることがあることを知っていますか。

まずその1つがメイクです。

キャビンアテンダントの人のメイクはみな同じようにしているイメージがありますが、これには理由があります。

緊急事態が起きると機内が停電してしまうことが多いのですが、こうしたときに顔をはっきりと認識してもらうことができるようにわざと濃いめのメイクにしています。

厳しい身体検査が待ち受けているパイロットという大変なお仕事について

航空機のパイロットというと子供の憧れの職業上位に必ず入ってくるお仕事であり、高給を得ることができる仕事としても有名です。

そんなパイロットに憧れる人が多くいますが、どんなに賢い人であっても試験で落とされる可能性があるのが適性検査です。

パイロットの試験には問題を解く試験だけでなく、パイロットとしての素質を有しているかどうかという厳しい適性検査があります。

この適性検査に合格をしないとエアラインパイロットして仕事に就くことができなくなります。

さらに入社をした後にもラインのパイロットとして飛び続けるには年に1回の身体検査を受けて合格をする必要があります。

この試験に合格をすることができないとラインパイロットして飛び続けることができないとても厳しい試験です。

飛行機では1機種について1免許というのが指定をされており、機種を変更するためには新しく免許を取りなおす必要があります。

社内でも何度も審査が行われるので、この審査に合格をしながらラインのパイロットして飛び続ける必要があります。よく言われる視力による条件はないので、目が悪いからといってパイロットを諦める必要はありません。

ケーキ屋さんは結構カロリーが高いので調子に乗っちゃうと太ります

昔百貨店のケーキ屋さんに勤めていた事があります。

お客さんにケーキの良さを伝える為に、ケーキの試食をさせてもらえました。

よくケーキ屋さんなら売れ残ったケーキをもって代えれるのでは?という疑問をお持ちの方は多いと思いますが、そこのお店では持って帰る事が可能でした。

ただし店長がいない時のみの限定条件でした。

仕事が終わった後、みんなで大きいホールケーキをつついて食べていました。

一度でいいからショートケーキのホールを贅沢に食べてみたいと思っていた私は、物凄く幸せでした。

しかしその後も調子に乗って食べていた結果、ショートケーキが体に受け付ける事が出来なくなってしまいました。

きっと一生分のショートケーキを食べてしまったと思います。

10年弱くらい経った今でも無理です。

残った分はそれぞれ家に持って帰ったりしていて、家族にあげたりしていましたが、そのせいで母や姉が劇太りしてしまいました。

一時家族じゃなくて家畜状態にさせてしまったのは申し訳なく思います。姉はダイエットをし、何とか元に戻せたそうですが、母は分かりません。

それ以降はあまり持ち帰らない様にしていました。せっかくなのにもったいないです。